真野式ジェットエンジン理論

毒と薬は紙一重

『インフレは好景気の結果。だがハイパーインフレはパニックだ。』

インフレ、という言葉を聞いたことがあるだろうか?

おそらく4年生か5年生辺りの社会の時間でインフレスパイラルとデフレスパイラルという用語が出てくるはず。(昔の記憶では・・・)

物やサービスの価格レベル、物価がある期間において持続的に上昇する現象をインフレと呼び、その逆がデフレである。

経済活動的に言えばインフレは好景気が原因で発生しデフレは不景気が原因でその状態になる、と言われている。

ここだけ見ると、物の値段が上がる、物価が上がると好景気でインフレって消費者からみたら、全くもって疑問ですよね。

僕も確か小学生だったと思うけど全くそれがイメージできず、確かこの辺りから社会の授業が嫌いになった記憶があります。

好景気は良い事なのに、その状態は物の値段が上がる事って、お菓子買えないじゃん!!ただでさえおこづかい無いのに世の中はなんて子供に厳しいんだ。。。しかも大人は物の値段が上がっていくとつらいはずなのになんでわざわざそのインフレの道を目指すの?まったくわからない。

たしかこんなことを感じてたことを思い出します。結構聞いたけど誰一人納得いく回答得られず、テストの為だけに覚えたなぁ。。。

ちなみに言えば、インフレがなぜ好景気の産物かというと、景気が良いとみんなが物やサービスをいっぱい欲しがるよね?

経済用語で言えば需要が増えている状態。

で、その物やサービスを作る側・提供する側は一生懸命それ(需要)に応えようとする。(これを供給という。)

需要が供給を上回る、物やサービスが欲しいという人が生産量より増えるとどうなるか、というと、物やサービスの値段が上がることになる。

ここでポイントなのが値段が上がれば買えなくなる、という事。

ここで僕もつまづいたのだけど、この先が大事。

物やサービスの値段が上がるという事は、それを供給している人は売り上げが増える。なので、収入が増え所得が増える。なので供給側も別の面では需要側に回るので周りの物価が上がっても物が買えるのだ。

経済は輪っかでお金は総量が決まっていてぐるっと回ることでみんなが豊かになる。インフレ、デフレの入り口はこのお金の流れる量で決まるのではなく、お金の流れる速度で簡単に変わるのだ。(イメージは水道の蛇口。)

最近で言えばマスクなんかがそうだろう。昔は100均で買えていたものが今は4000円近くしている。これは急激な消費による材料が追い付かず、材料費の高騰からのインフレなので一時的なインフレ。ハイパーインフレ、といってもいい。

ハイパーインフレになるとどうなるの?と聞かれることもあるのだけど、今で言えば一番わかりやすいのがマスクの購入だ。マスクの購入のために朝から並び、今までよりも何倍も高い値段で買い、購入制限もかけられ、挙句奪い合いすら起きる。今回はマスクをはじめとした医療関係の物だが、国のハイパーインフレとなると国内の物やサービスが全てマスクのように高騰したりするので全部があんな感じになる、と想像すれば一番わかりやすいだろう。

もちろん今回のマスクは需要の急激な増加によるものなので供給が需要に追いつきさえすればこのハイパーインフレは緩和していき適性値に戻っていく。

マスクが売れなくなれば値段を下げざるを得ないのでね。

なので、本来であれば、緩やかに物の値段が上がっていくことは経済全体で見ればそれを買いたい人と実際に買える人が増えているはずの状態の為、インフレは好景気の状態と言え、この状態を大人は目指していた、というわけだ。

ここで疑問に思うのがインフレとハイパーインフレについて。

境目はなんだ?なぜハイパーインフレは起きるのだ?という事。

今回のように一時的に需要が高まり価格が高騰することはあっても、それは供給が落ち着けば治まる。(マスクも今はだいぶ値が下がっているしね。)

じゃあどんな時に起きるのか?

それはお金の量を増やしたとき。

インフレはどんな状態か、というと物やサービスがもっと欲しい、という状態。

という事は、世間はお金よりもその物やサービスが欲しい!っていう人が増えているって言う事。つまりは、お金の価値が下がっている。薄まっている状態。

インフレの状態が好景気だ、というならば、デフレの時、不景気の時に、じゃあお金の量を増やせばいいんじゃね?となるでしょ?

だって、お金の価値を下げる。薄めたらいいんだもん。

世の中にたくさんのお金を印刷して渡せばお金の量が増えてどんどん物やサービスを買えるんだし。万々歳!!!!

となってたら、政治家や経済学者は頭を悩まさず、彼らの必要もないわけで。

肝心なのは、その物やサービスが欲しい!となって買う、という消費活動をしないといけない、という事と、日本はすでに世界と繋がっていて、価格は世界の通貨との関係がおおきく関わっているという事。

お金を大量に印刷して配ってもそれを大量に消費しない事にはお金は流れず、お金の価値が下がったまんま。水道の蛇口でも言ったように、好景気に必要なのは量ではなく速度なの。

次に、お金、特に日本円を大量に印刷したとして、そうなると日本円の総量は増える。という事は、日本円の価値が薄まる。蛇口をいっぱいに開けて水を出せばバケツの中の水はどんどん薄くなるのと一緒。

なので、そうなると、この日本円の価値というやつは国内においては物やサービスだが、国外においてはその国との自国通貨との価値の関係になるわけで。

アメリカであればドルだしヨーロッパであればユーロか。

その国では10ドル(100円)で仕入れて輸入できていたものが

日本円の量が増え日本円の価値が薄まればもっと日本円を支払わなければ同じものが買えなくなる。

例えば10ドル(100円)の小麦が10ドル(200円)出さないと同じ量買えない、という具合だ。

こうなると、小麦を原料にして作るパンは仕入れる価格が倍になったのなら販売する価格も倍にしないといけない。なぜならそうしないと売ったはいいけど赤字になるから。潰れちゃうよね、自分が。

もちろんこの値上げに対抗できるだけの日本円を持っていて使っても生活に支障がないなら問題ないのだが、家庭レベルで言えば所得が増えるのは企業が回復したそのだいぶ先だし、政府からの支援も世間の物価と追従していなければもらっても足しにもならない。

結果どうなるかというと、短期間にお金の量が増えるなどして一気に日本円の価値が下がれば、物価が全体的に急激に上がり物が買えない状況になるわけだ。

緩やかなインフレは好景気の産物で歓迎されるが、外的要因などによる急激なインフレ、ハイパーインフレは一転、毒になる。

ここで今の日本の状況を見てみるとどうだろう。

政府は今回のパンデミックに対し108兆円の経済対策をする、と発表した。

つまり新たにお金を印刷する、という事だ。

もちろん急に108兆ものお金を印刷し配るのではないが、(一部別予算が充てられるだろう。)それでも日本の1年間の予算である102兆円を上回る額をこの危機の対策に充てるのだ。

先に書いた通り、ハイパーインフレが起きてもおかしくはない状況と言えるだろう。

もちろん、そんなことも予測したうえでの発表だったと思うが、それでも物の値段が上がることやサービスの値段が上がることは容易に予想できる。

企業が苦しいながらも優先的に家庭に受けた補助金などを配ったりしない限り、また家庭も助成金をフルで使わない限り、ハイパーインフレによる物が買えなく生活にさらに困窮する未来というのも無いとはいえないだろう。

そうなるか、ならないか、の議論を今日はしたいのではなく、

書きたいことは、どちらになっても大丈夫な備えをしておこう、という事。

お金の価値について問われる昨今。無くなる無くならないというより、生活に必要不可欠なモノであると思うから、その姿かたちや性質が変わっても役割としてのお金は残るだろうと予測する。

物を物々交換する世界が良いと望む人がいるとしても、物を作るには今やお金が無いと道具が手に入らず、できたものも欲しい人がいないと交換もできないわけで。・・・とこの話は割愛。

なので、近い未来においては備えとしてのお金の存在とその入って来る口はいろいろと持っておくと良いと思う。

どうなってもいいように。

何もなければそれがいいし、何かあったら助かるしね。

(今回のパンデミックも備えていた人とそうでない人の違いが明らかになったしね。)

じゃあどんな備えができるの?というのであればぜひ連絡ください。

お問い合わせはこちら(SNSよりDMください)

メール問い合わせはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

と途中に宣伝が入っちゃいましたが、今回は良い薬も紙一重で毒にもなるという事です。

一番いい状態は良い薬も毒もそれを薬だ毒だと戦うのではなく、

また薬だからと黙って出されたものをただ飲むのでもなく、

薬も毒もそもそも使わなくてもいい状態でいる事がいいんじゃないかなっておもいます。また、毒であったとしても排出が自分の力でできる状態であれば更に良いんじゃないでしょうか?

【あなたの備えはなんですか?】

==================================

〇投資体験ボードゲーム「ザシークレットオブマネーゲーム」開催お問い合わせ

〇再現率99%「H式デイトレード」内容説明

〇資産形成・運用相談&セミナー

〇長期積立投資相談

〇海外銀行活用はじめとした海外投資相談

はこちらまでお問い合わせください。

メール問い合わせはこちら

Facebookはこちら

Twitterはこちら

Instagramはこちら

*返信には48時間以内にさせていただきます。

関連記事

  1. 豊かさについて

    亀の歩みを我慢しきれるか?

    『思ったよりも大変だという事を理解する。その恩恵は確かに大きい』…

  2. 豊かさについて

    豊かさとは選べることだ

    有料のものと無料のもの。これだけ聞くとあなたはどちらを選びます…

  3. お金について

    僕がドバイに行く理由②

    自分の普通の限界を広げる。そんな思いで参加したドバイツアー。…

  4. 豊かさについて

    どうしても動けない、と感じるあなたへ

    あなたはどれくらいの可能性を感じたら物事を始めるだろうか?&n…

  5. 豊かさについて

    人生はだれのものか?

    『あなたの前に起きる現実はあなたの創造物。自分を安く見積もらない』…

  6. 豊かさについて

    真野式ジェットエンジン理論①~目的は何なのか?~

    『自分が今からすることの目的を見失わないこと』…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

最近のコメント

    1. 旦那の財布

      早く助けてあげてください!
    2. 経済情勢

      年金は果たしてどうなるのか?年金を運用する事はいいのだろうか?
    3. コミュニティつくり

      お金を惹きつけるコツ
    4. 投資

      積立てればいいわけじゃないけど積立てないのは論外
    5. お金と友だちになる7つのヒミツ

      満員電車に乗りたかねーよ….
    PAGE TOP