豊かさについて

目標ではなく強い目的意識を持つ

『何をするにも難しい、としているのは目的意識・理由付けが無いからだ。』

目標と目的の違いをご存じだろうか?

目標とは、目印の意味合いがあり、具体的な数値や状態などで表され通過点。

目的とは、目指す姿であり、最終地点でありゴールであり、抽象的になりやすいもの。

つまり、目的があり、それを目指す過程でいくつもの目標がある、というイメージ。混同してしまいがちだけれど、分けて捉えるといいと僕は思う。

というのも、なぜ僕がこの事を書くか、というと、僕はあまり目標というものを重視しておらず、むしろ目的さえあればいいと思っているし、目的が無ければ何もうまくいかず、何をするにも難しいと感じて動けなくなってしまうから。

目的意識を強める事こそ豊かになる本当の小さな一歩、だろう。

もし、とはいえ動くに動けない!とか一歩踏み出す勇気が無い!とかを理由に挙げて目的に向かって動き出せていないのであれば、それは単純に目的に対する意識の量・強さが高まっていないだけ。

目標設定してやるべきことを細分化して小さな一歩をもっともっと小さくして・・・という事を聞くけど、そんなのはするだけ無駄だ。

どんなに目標設定して段階やハードルを下げてもやるに足る「理由付け」がないなら動けない。逆に言えば、やるに足る「理由」と強烈な目的意識・イメージがあれば、いきなり大きな一歩すら踏み出せてしまう。

きっと経験があると思うが、テスト勉強が苦しく結局やれないのもこれだし、おしゃれに目覚める事も好きな異性に振り向いてもらいたいという明確な目的があるからだし、恐れからくる目的意識で言えば、運動が苦手な子でも逆上がりはできる子の背景にはもしかすると、「馬鹿にされたくない」というのがあるかもしれない。

目的や理由、と聞くとついこれから目指すもの!とかポジティブなものを連想してしまうが、この目的や理由には「やりたい事」と「やりたくない事」が混在する。

やりたい事はこれから身につける事でやりたくない事は今すでにあるもの、という事が多い。だとしたら、人間の時間は有限で全ての人が平等に持っているものは時間だから、時間を1日24時間以上使える人は物理的にいない。だから、まずやるべきはやりたくない事を止める選択をする。そうしないと今の自分の時間にさらにやりたいことをやる為の時間を追加することになり、結果どうなるか、というと忙しくなる。で、忙しくなると当然ながら時間の帳尻合わせが行われ、今までやっていたことができなくなってくる。時間がどんどん埋まっていき・・・

最後には心の豊かさが失われる状態になる。

だから、まずはやりたくない事を止める。

なぜ自分にとってこれを止めたいのか?これを強くイメージして、まずやめる。

で、時間と心のスペースを空けて、今度はやりたい理由をイメージする。

なぜやりたいのか?どうなっていたいのか?どういう状態になりたいのか?

そして、ここではあくまで目的なので抽象的なモノが良いと思う。

よくここで、数字的な何千万作る!とか年収何千万になる!とか立てがちだけど注意して欲しいのは、これでは目標になっているという事。本当の目的はその何千万作るじゃなく、作った時になっている状態だし、年収何千万になるじゃなく、そうなっているときの状態こそが自分がなりたい姿で、その姿になりたい・やりたいが目的だよね?

微妙な事だけど、目的意識を強く作る段階で目標が入って来ると(脳は優秀で巧妙だから、これをしてあなたを失敗させようとしてくる。失敗させることで現状に留まらせようとしてくるので注意)目標に意識が行って、本来ならその時感じているはずの目的が達成された時に味わうであろう感覚をぼやかす。

そうなると、目的意識を強めるはずにやった事が、いい目標を立てる事が出来た!よし!じゃあ今度はこれを細かく目標設定して、小さな一歩にして、まずはこの一歩をやろう。じゃあいつやるか?今か、あしたか?今やろうか。でもみんなになんて思われるだろうか?自分なんかがやっていいのだろうか?高い目標を立ててしまった。。。もっと小さな目標にこっそり変えるか?あぁ。。怖い。やりたくない。。・・・・・

という結構お決まりのスパイラルに入る。僕もかなり経験した(笑)

純粋に目的意識だけを強く作り、その時味わう感じを十分に感じ、それが叶った時には自分はどんなにうれしいだろうか?を自分で確かめる。

そうなればきっと、目標がどうとかよりまずこれをやろうか。とおそらく最善の一歩を本当に軽やかに踏み出すことになる。

踏み出した後も、目標先行だと達成されるたびに立ち止まり、目的意識が強いと立ち止まることなく(確かめる指標も歩みを止める理由もないから)歩き続けられる。もし、目的意識が強くても立ち止まることがあるとしたら、それは意識の強さが弱まった時だから、もう一度やる理由を感じてみるといい。再び動き出す。それでも動き出せないならいったんやめてみるといい。今はその時じゃないというだけで、きっと他にやりたい事が出来たんだろう。先に書いた通り、やりたくない事をやめないと時間はできないから、気にすることなくひとまずやめてやりたいことをやればいい。

一度強く持った目的意識は姿を消すことなく居続けるから、いつの日かどこかのタイミングでそれが自分の現実として目の前に現れる。だからやりたいことを変える事に罪悪感じみたことを考える必要は全くない。

これが、目標先行だとそのプロセスを達成するためには?が明確だから達成することについては早いかもしれない。ただ問題は、その通りに進まなかった時だ。心理的に人は終わらせたい生き物だから、終わらなかったことに対する精神的な苦痛は計り知れないし、日常生活を送っていても常に終わらなかったことが頭と心を占める事になる。また、終わらせると達成感を得て立ち止まるから、次に動き出す足が鈍る。

目標通りに歩を進めるにしても、次に動き出すにしても、目標が自分を動かすことはなく目的が自分を動かすことになる。

とまぁ、かっこよく書いてのだけど、

そんな理由で、僕は目的としてやりたくない事をやめた前回のブログの後、今度はやりたい事・なりたい姿を強く明確化させ、その為にはお金が必要だな、となり、じゃあ手段を考えずお金を作る方法を試し始めたわけです。

その中にはMLMも多少やりましたが、多くの部分はパチスロでした(笑)

というのも、身近なところで、しっかりとデータをとり検証し結果を出していたギャンブルじゃないパチスロをしていた友人がいて。その極意を教わり、徹底的にデータに基づいた攻めと圧倒的な時間を費やしました。

結果、時間をかければかけただけ収益は上がり給料を2年間引き出すことなく、それどころか貯金までできるほどになりました。

ただ、代償は計り知れないものでした。。。

そのことは、また次回に書きますが、続けられないお金の作り方ですね。

今回はそうして目的を明確にしたうえで、手段としてそれをしましたが、目的が明確であるからその後はすっぱりとパチスロをやらず、投資にどんどんのめり込んでいくわけです。

【どんな姿になりますか?】

関連記事

  1. お金について

    あなたの今の想像が1秒後の世界を作る

    絵画を買ったのよ。もちろん人生で初体験。…

  2. お金について

    お金を作る時に必要な事②

    自分の中にあるものを磨いて商品として売り出す。&nbs…

  3. 豊かさについて

    視点を上に持っていくと見えてくる

    『どこを見ているかを、どこから見ているか立ち止まって見てみる。』…

  4. 豊かさについて

    真野式ジェットエンジン理論①~目的は何なのか?~

    『自分が今からすることの目的を見失わないこと』…

  5. コミュニティつくり

    どうしても一歩が踏み出せないときには?

    まずやろう。自分のコミュニティ内でも何度となく…

  6. 真野式ジェットエンジン理論

    魚も与えろ!

    『魚を与えるより魚の釣り方を教える事が大事、は時に残酷である。』…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

最近のコメント

    1. お金と友だちになる7つのヒミツ

      満員電車に乗りたかねーよ….
    2. マインド

      あなたのせいです
    3. コミュニティつくり

      どうしても一歩が踏み出せないときには?
    4. 経済情勢

      絶対に負ける投資法
    5. 豊かさについて

      潔くやめるの選択
    PAGE TOP